旅行をする目的や楽しみとは

なぜ、人は旅行をするのでしょう

一泊二日の小旅行から、お盆休みや長期連休を利用した海外・国内旅行まで、人々はよく旅にでますよね。数々の旅行会社のツアーや個人で企画する旅行まで、様々な形で旅行を楽しみます。また、沢山の旅行に関する書籍も多く販売されており、旅行に行きたい気持ちをそそります。テレビ番組でも、バス路線旅や魅力的で個性的な電車に乗って旅する番組などが放映され、「ああ、これ乗りたいな」とか「こんな旅行もいいね」など思う方も多いはずです。でも、なぜみんな旅行が好きで、旅行に出かけるのでしょうか?中には、旅行を好きではない方もいるでしょう。そのような例外は省き、大抵の方は「旅行」によって異空間を体験し、現実をしばし忘れ、「心」と「脳」に刺激を与え、マンネリ化からの脱出を図っているのです。それが旅行の醍醐味なのです。

旅行の楽しみも十人十色

さて、旅行の楽しみって一体どんなものでしょう。美味しい料理、美しい風景、温泉、その土地独自の祭りなど。みなさんが旅行に行くのは、どんな楽しみを求めているのでしょう。人によっては、毎年同じ季節に同じ温泉地や観光地に出かける方がいます。また、毎年ある土地のある祭を見に行くのが習慣になっている方など様々です。その土地でしか味わえないという付加価値が、さらにその旅行の価値を高め、満足できるのです。その達成感は、いわゆる快感なのです。そうして、「今年も楽しかった」「今回の旅行は満足できるものだった」と思うのです。

帰りがてら、「楽しい旅行だったね」と幸せな気持ちになれるのです。そうして、人々は現実社会に戻るエネルギーを得ているのではないでしょうか。旅行は、「心」の「やる気」チャージかもしれませんね。

ここで丸亀行きのタビマスターズを発見して旅行を楽しもう。